« THE TOKYO ART BOOK FAIR / ZINE'S MATEへ。 | トップページ | 青山ブックネット第1回 開催のご案内  2014年1月28日~ »

2013/09/25

図書館を考えてみる(4) Google Booksについて

BS世界のドキュメンタリーで
<“電子図書館”の波紋~グーグル・ブックス構想をめぐって~>を観た。
原題は「Google and the World Brain」/
Poler Star Films / BLTV (スペイン 2012年)制作とのこと。
Gbbok
グーグルが世界の書籍をスキャンし電子化していることは広く知られている。
番組ではその賛否、それぞれの意見を取材していた。
評価する側で登場したのは、グーグル役員やWiredの編集長。
否定する側は、主にグーグルブックスによって著作権を侵害される側。
図書館(ハーバード、オックスフォード、フランス国立など)の運営者も多く登場したが、彼等の賛否はまちまち。
この図書館の賛否の旗色で、ひとつ疑問が解けた。
疑問とはグーグルブックスで閲覧できる図書が、なぜか特定の図書館に偏っているな、というもので、前からちょっと不思議だった。
番組によれば、グーグルブックスに賛成の図書館は、著作権の切れた多くの書籍をグーグルに提供し、スキャンさせているそうだ。どおりで図書館に偏りがあるはずだ。フランス国立図書館など、グーグルブックスに否定的な図書館は、グーグルに本を提供していないとのこと。なるほど、そういうことか、とわかった。
私がグーグルブックに興味を持ったのは、3年ほど前。
当時、横浜開港時(1850~70年頃)の「美術品としての絹織物」にまつわる本を執筆していて、ほぼ一年間、関係資料を漁る毎日だった。専門図書館にもずいぶん通ったが、いちばん利用したのはグーグルブックスだったかもしれない。グーグルブックスの検索キーワードで、あらかじめ資料をリスト化できたからだ、助けになったのは、タイトルのリスト化だけでなく、どの頁に知りたい内容が載っているのかが、あらかじめわかることだった。
1000頁を越えるような分厚い本、たとえば各国の税関記録や、万国博覧会の出品リストなどを最初から最後まで読むことは不可能だ。あくまで資料や裏付けの記録として一部を読む。そうした場合にグーグルブックの検索威力は絶大だった。本当に知りたいことを浮かびあがらせるための検索には、それなりにコツが必要で、はじめは苦労した。しかし自分なりのコツを掴むと、思わぬことまで浮上してくるようになった。たとえば150年近くも前のアメリカの地方美術館で展示された、日本の絹織物作品やその陳列図までPDFで読むことができた。
無料とは言え、金銭以外での代償は払わないといけない。閲覧履歴はすべてグールに握られることになる。そのあたりをどう考えるかで、この電子図書館の賛否は分かれるだろう。
著作権切れの本はセーフ! 版権ありの本は目的が〝フェアユース〟でもアウト! 
それが目下の私の意見だ。

« THE TOKYO ART BOOK FAIR / ZINE'S MATEへ。 | トップページ | 青山ブックネット第1回 開催のご案内  2014年1月28日~ »