« 図書館を考えてみる(4) Google Booksについて | トップページ | 青山ブックネット第1回 終了レポート »

2013/12/06

青山ブックネット第1回 開催のご案内  2014年1月28日~

本が好き、本屋が好きな人のためのブックイベントのお知らせです。
●写真展/●トークイベント/●本の販売会
青山のギャラリーを使って3つのイベントがあります。
開催はまだすこし先ですが、どうぞおたのしみに!
企画・主催:Project279


●『離島の本屋』写真展 撮影:今井一詞(いまいひとし)
2014.1月28日(火) ― 2月2日(日)
12:00 OPEN ― 20:00 CLOSE 入場無料
P1pfoto1
山のむこう、海のむこう
ひとのいるところに
本屋は灯りをともす
街灯のように
灯台のように
希望の色をした灯りを
『離島の本屋』帯文より

北は礼文島から南は与那国島まで
全国22の島を巡り、本屋の灯りをともす人々と
島の風景を8年以上にわたり撮影した写真展
000082
00052
-------------------------------------------
●トークイベント
「本屋を巡る旅のこれから」
2月1日(土) 13:30 ― 14:30

ゲスト:朴順梨(ぼくじゅんり)(『離島の本屋』著者)
伊豆大島からスタートした本屋を訪ねる
島巡りの旅のエピソードや
いまだ続行中の旅の「これから」を著者自身が語ります。
取材時のこぼれ話しや島の本屋さんならではの品揃えなど
著書を囲むアットホームな雰囲気で実施。
是非、お出かけください。

定員20名(先着順)/参加費 1,000円
申し込み:参加ご希望の方は、
メール(spacekids@nifty.com)
または電話(03-3423-2092)でご予約を!
-------------------------------------------
●個性派出版社による
2日間限定の【特別書店】
2月1日(土)&2日(日)
12:00 OPEN ― 18:00 CLOSE
パブリッシャー(Publisher)は「本の発行者/出版人」という
意味だけでなく「ものごとを社会に問い、公(パブリック)にする」
という意味もあります。2日間の【特別書店】に参加する4社は
そんなパブリッシャーの方々です。
本を大切につくり、世におくりだしている人と交流しながら
じっくり本を手に取る、またとない機会です。
名前をクリックすると各出版社のサイトへ!

参加出版社:トランスビュー港の人ブックエンドころから
●会場地図
Mapnew279_1_2
●イベント告知チラシ「青山ブックネット・プレス①」
参加出版社のご紹介や各出版社おすすめの三冊など
青山ブックネット第1回の詳しい内容がわかります。
(クリックで拡大)
Abnp11

Abnp23p
●印刷用PDFはコチラからご覧いただけます。
プリントの際は、サイズにご注意を!
チラシはB4サイズ二つ折り(表裏)です。
●主催者から
はじめまして、青山ブックネットを企画しました高安正樹です。
この催しは、「本と人のネットワークづくり」を目的にしています。
一冊の本には、つくり手、書き手、送り手、読み手など、さまざまな人が関わります。
普段は、本というマテリアルを通じてしか交流のないそうした人々が実際に集まり、
出会う場になることを願って、この催しを企画しました。
現在、本を取り巻く環境は大きく変わりつつあります。
街の書店が消えていく一方で、インターネット書店を利用する人は増えています。
そうかと思えば、個性的な「セレクト書店」が新しく各地に誕生しています。
紙の本だけでなく、デジタルの本も共存します。そうした時代に、従来と違うカタチで
「本」を見直してみたいと思います。たとえば、本は「本屋さんやネット通販で買う」のが
通常ですが、企画・編集・販売にたずさわる人と直接話しながら、
本を選び、買える場があったら、これまでとは違った本との出会いがあるはずです。
今回の【特別書店】はたった2日間だけの試みですが、
「こんな本屋があったら!」という主催者の思いをカタチにしました。
ご参加いただいた出版社様に感謝します。
会場となるのは、南青山にあるちいさなギャラリーSPACEKIDSです。
大規模なことは出来ませんが、これからも不定期で
「青山ブックネット」を開催していきます。
本を大切に思い、本が好きな人の出会うネットワークになっていくことを
心より願っています。どうぞ、よろしくお願いします。

« 図書館を考えてみる(4) Google Booksについて | トップページ | 青山ブックネット第1回 終了レポート »